柿タンニンとは?

柿タンニンというのは渋柿の果汁を発酵させたときに出来るエキスで、柿渋のことです。

タンニンは、お茶やワインなどにも含まれますが、柿はその中でも非常に含有量が多く、高い効果を生み出せます。

防臭、防腐、防虫、防水効果もあるので、さまざまな用途に利用できます。

日本では平安時代より、和傘や衣服の染料をはじめ、木材建築の下地や塗料、魚網の塗料などに用いられてきました。

シックハウス症候群を予防するための壁塗料に使われることもありますし、錆び止め、携帯電話からの金の回収にも利用できる便利なエキスです。

健康面でも役立つエキスで、がん細胞の活性化を抑えたり、ノロウイルスへの抵抗力を高めたり、悪酔いを予防するのにも役立ちます。

消臭効果が高いので、消臭石鹸やニオイ対策用ジェルなどにも配合されています。

柿タンニンでどんな臭いが抑えられる?

柿タンニンは悪臭の原因である成分と化学的に結合し、別の成分に変化させられるので、高い消臭効果があることがわかっています。

殺菌効果も高いので、微生物やウイルスを除去することが出来ます。

人間の汗や古い角質が分解したり、発酵すると強烈なニオイを発しますが、それを抑え、悪臭の発生を抑えられます。

中高年に多い加齢臭や、わきや足に汗をかいたときに出るニオイを抑えられるので、消臭石鹸やニオイ対策用ジェル、水虫対策用の靴の中敷きなどにも配合されています。

消臭石鹸で体を洗ったり、ニオイ対策用ジェルを使うと、日中に発する加齢臭や、わきや足から出る汗のニオイを抑えられます。

すっきりした気持ちで過ごせますし、周囲にも不快な思いをさせなくて済みます。

柿タンニンのほかに同じような消臭効果があるものは?

柿タンニンのほかに、同じような消臭成分がある成分として知られているのはミョウバンです。

ミョウバンは古代ローマ時代より制汗効果あるといわれ、利用されてきたもので、高い殺菌・消臭効果があります。

緑茶の成分である茶カテキンにも、ニオイの原因成分と化学的に結合し、中和する働きがあるので、体臭や汗のニオイを抑えることが出来ます。

酸化を防ぐ抗酸化作用もあるので、加齢臭にも効果を発揮できます。竹炭は竹を高温で焼くことで炭化させた物質ですが、これにも高い消臭効果があります。

竹炭には目に見えない小さな穴が多数あるので、その穴にニオイの元を吸着することが出来ます。

アンモニアやノネナールなどの体臭にかかわる成分を外に逃がさないよう、閉じ込める効果があります。

柿タンニンの副作用は?

柿タンニンが含まれたお茶を飲むと、便を固くする作用があるので、便秘気味になるので注意が必要です。

下痢対策にはなりますが、そうでない場合は飲み過ぎない方が良いでしょう。

またタンニンが、体内で鉄と結びついて、タンニン鉄という物質に変化すると、水に溶けにくい性質に変化するので、鉄が腸から吸収されるのを妨げます。

植物性食品に含まれる非ヘム鉄は、タンニンと特に結びつきやすいため、吸収が阻害されます。柿タンニンを摂取しすぎると、貧血になりやすいので気を付けるようにしてください。

まれにアレルギーを持つ人がいるので、お茶として飲んだり、消臭剤などで使用したときに、蕁麻疹が出たり、気分が悪くなることがあれば使用を中止するようにしてください。

柿タンニンの消臭についてのまとめ

柿タンニンには臭いの成分と結合する性質があり、結合された臭いの成分は別の成分に変化しますので高い消臭効果があります。

またタンニンは臭いの原因であるウィルスや微生物を殺菌し、寄せ付けない効果がありますので消臭石鹸やニオイ対策用ジェルなどに配合されています。

便秘や貧血などの副作用があり、まれにアレルギーの人もいるので、使用の際は注意するようにしてください。

他の消臭効果のある成分には、ミョウバンや茶カテキン、竹炭などがあるので、これらが配合された消臭グッズを使うのもおすすめです。

投稿日:

Copyright© 柿タンニンは消臭効果がある? , 2017 All Rights Reserved.